ザオプションデモ

最近、ハイローオーストラリアに迫る勢いで人気が出てきたザオプション。

そんなザオプションには『フリーデモ』というデモ口座があるのをご存知でしょうか?

この記事では、ザオプションのフリーデモの使い方やデモ取引ができない場合の対処法など解説します。

無料で利用できるので本番前の練習に最適なんだ!
無料!?それは使わないと損だね!

\口座登録不要!無料で利用できるデモ口座を体験してみよう!🔻/

 

デモ取引って何?

デモ取引とは・・・

一部のバイナリーオプション業者が提供している、無料で本番と同じ環境で取引を体験ができるサービスです。
業者によっては、提供するサービスのほぼすべての機能を使えるので、使い方を練習したり新しい手法を検証するのに非常に役に立ちます。

ザオプションの場合、「フリーデモ」と呼ばれるサービスを提供しています。

まずはフリーデモの特徴について、簡単に解説します。

それぞれ詳しく見ていこう!

本番と同じ環境で取引が体験できる

ザオプションのフリーデモは本番と同じ環境です。

そのため、バイナリーオプションが初めてという初心者やザオプション未経験者が本番の取引環境に慣れるのに非常に役立ちます。

また、ザオプションの取引方法をそれぞれ試してみるのにもフリーデモは便利です。

それぞれの取引方法とご自分の相性や勝率を検証できるので、「思ってたのと違うじゃん!」といったギャップを埋められます。

ザオプションのインジケーターを試せる

パソコン限定ではありますが、ザオプションのプラットフォームにはインジケーターが搭載されています。

ザオプションで利用できるインジケーターは次の3つです。

  • 移動平均線
  • ボリンジャーバンド
  • RSI

全てMT4に搭載されているインジケーターですが、ザオプションのチャートに重ねて表示させた時の感じをフリーデモで確認してみるのもいいでしょう。

どんな設定が使いやしのかチェックしておくと、本番でもスムーズに取引ができるよ!

取引履歴が確認できる

ザオプションと同様にデモ取引を提供している業者に「ハイローオーストラリア」があるのですが、ハイローオーストラリアでは取引履歴を確認することができません。

これに対し、ザオプションのフリーデモはブラウザを閉じない限り、取引履歴が記憶されて一覧で確認することができます。

そもそも取引履歴が確認できる必要なんてあるの?
取引練習や手法の検証としてデモを使うなら、取引履歴を見て振り返りをすることが重要だからね!
なるほど・・・納得!

取引履歴が見れない場合は、いちいち自分で記録しておく必要があり、デモ取引の欠点でもあったのですが、ザオプションでは取引履歴を一覧で見れるので、手間が省けて非常に助かります。

「本番はハイローでやってるけど、デモはザオプションでやってる!」という人がいるのもうなずけます。

ザオプションフリーデモの手順

デモ取引とは

ザオプションのフリーデモは、始め方も非常に簡単で次の3ステップでできます。

ザオプションに口座開設をしていない人でも利用できるのでおすすめです!

STEP1.公式サイトにアクセスする

まずは、ザオプションの公式サイトにアクセスしましょう。

 

STEP2.フリーデモを試すをクリックする

公式サイトにアクセスしたら下図のような画面が表示されるので、「フリーデモを試す」をクリックします。

フリーデモの使い方1

これで、いつでもフリーデモを利用できるようになりました。

めちゃくちゃ簡単だね!
そうだね!あとはエントリーするだけだよ!

STEP3.銘柄・取引方法を選択して取引開始

いつでも取引できるようになったので、あとはお好きな銘柄と取引方法を選択して、「HIGH」か「LOW」を選択して取引を始めてみましょう。

なお、ザオプションの取引方法には次の4つがあります。

  • HIGH/LOW
  • 短期
  • スプレッドHIGH/LOW
  • スプレッド短期
初心者はどれを選べばいいの?
オーソドックスなHIGH/LOW取引を選択するといいよ!

フリーデモの使い方2

取引方法を選択したら、次に取引する銘柄を選びます。

ザオプションのフリーデモでは、本番と同様に15種類の通貨ペアの外にゴールドやビットコインといった先物商品や仮想通貨も選択できます。

フリーデモの使い方3

続いて、取引時間を選択します。

取引時間は選択した取引方法や取引銘柄で変わってきます。「判定」をクリックすれば取引時間が表示されるので、その中から選択しましょう。

フリーデモの使い方4

あとは、HIGHかLOWを選択し「購入」をクリックして注文を確定させます。

フリーデモの使い方は以上です。

ザオプションのフリーデモは1分程度で始められるので、取引前の”練習”に最適ですよ!

\簡単1分!無料で利用できるデモ口座で取引体験してみよう!🔻/

 

「フリーデモは本番と結果が違う」説を検証

デモと本番は違う説

フリーデモはリスクを負うことなく本番と同じ環境で取引が体験できます。

そのため、「デモ取引は絶対にやったほうがいい」というのが個人的な意見です。

ただ、中には「デモ取引と本番では結果が違う」「デモ取引は所詮デモ取引で本番とは違うからやる意味なし」といった意見も見られます。

こういった意見の真相についてお話します。

「デモ取引と本番では結果が違う」の真相

デモ取引と本番で結果が変わってくる原因は、実際のチャートが違うとか約定力が違うとかそういうシステム的な問題より、トレーダー側のメンタル面が問題だと思います。

デモ取引をおすすめしない人の中には、「ポチポチ病にかかるから」とか「実際のお金を使わないと本当の実力は分からないから」とか「デモ取引ではメンタルが鍛えられない」といった意見が多いですね。

ポチポチ病?なんだか可愛い病気だね(笑)
考えもなしにポチポチとエントリーしちゃうことだよ(笑)

ポチポチ病にかかる人は、だいたいリアル取引でもポチポチ病にかかるので、その素質がないか?デモ取引で確認したほうがよいでしょう。

「デモ取引は所詮デモ取引で本番とは違うからやる意味なし」の真相

「デモと本番は違うからやる意味がない!」という意見に関して、たしかに、実際に自分のお金を使って取引するのと架空のお金ではメンタル的に全然違うというのは事実です。

ただ、だからこそデモ取引で”場慣れ”することが重要なのです。

取引を続けているときわどい局面というのが意外に多いことに気付くと思います。そういった局面で焦らずに済むのは経験を積んでいるからです。

たとえデモ取引でも、真剣に取り組んでいるなら、ピンチの時の先の見通しがある程度ついていたり、ピンチの時の自分の行動パターンを分析できているはずです。

経験を積み、次にどう打って出たらいいのか?ということを冷静に判断できるスキルを”タダ”で習得できるという点でもデモ取引をすることは非常に価値があるのです。

要は、常に本番を意識してデモ取引しろってことだね!
そういうこと!

フリーデモができないときの対処法

デモ取引できない対処法

一部の人の間で「フリーデモができない!」という現象が起きているようなので、その際の対処法を最後にご紹介します。

フリーデモができない場合に考えられる最も多い原因は、閲覧履歴の蓄積やブラウザのバージョンが古いというものです。

これが原因でフリーデモができないなら、ブラウザのキャッシュ(閲覧履歴)を削除してブラウザを最新のバージョンに更新すれば解決できます。

キャッシュを削除してもできないケースはどうすればいいの?
ザオプションのシステムに問題があるかもしれないから、スクショを撮ってザオプションサポートに連絡してみよう!

ザオプションのサポートダイヤルは以下のとおりです。

  • 電話:0120-982-453(営業時間16:00~23:00、土日+クリスマスや年末年始はお休み)
  • メール:info@theoption.com

まとめ

ザオプションのフリーデモに関して解説しましたが、いかがだったでしょうか?

ザオプションのフリーデモは、機能の確認や取引手法の検証、自分の癖の分析に役立つだけでなく、取引履歴も記録されるので非常に使い勝手がいいです。

しかも、全部無料で使えるので使わない手はありません!

フリーデモでじっくり練習してから本番で稼ぎまくるぞ!
その意気です!

\無料なのに使わないのは勿体ない!!取引練習が何回でもできるフリーデモはこちら🔻/

 

\ザオプションを含むデモトレードができるバイナリーオプション業者まとめ🔻/